資本主義とベーシックインカム

資本主義×ベーシックインカム

こんにちは、ベーシックインカムが我々に与えるものって何だろう?と、考えてみてありしてるキクタです。

個人的には最低限な生活が出来ればある種幸せは掴めたものだと思います。

生まれたときから最低限程度の生活はできていた人が多いと思います。だからそういった方々は今普通に暮らせていることが十分幸せなのはずなのですがね、やっぱり一つ幸せを手に入れると次へ次へって人は多いですよね。

分かりやすいのは物欲で、またそしてまた欲しいものが出てくる。
一時的には満足するが、あとから自己嫌悪がきたり、自分にとって便利だったり役に立つものとして自分を偽ったり。
物欲を満たして幸せを感じる人は死ぬまで幸せにはなれないんじゃないかなととか思います。

動画市場が盛んになり。ものが溢れた今、人とのつながりやサービスにお金を使う時代になりつつあるような気はしますけどね。

資本主義は信用がお金にって奴ですね。

それはよいとして今回は資本主義とベーシックインカムについてみていきたいと思います。

ベーシックインカムとは

資本主義とは

資本主義とは資本に基づき経済活動がなされることです。

資産があり、人が運用し、財(物、サービス)を成す そして、その財が資産を生み、人が運用し…、とサイクルが回ることですね。

※資本…もとで。経済活動を行う上での価値、価格を付けることが出来るもの。

資本主義のサイクル

図にすると非常にシンプルで、資本主義はこのサイクルがぐるぐると循環しているわけですね。

それと他にも「社会主義」や「共産主義」とありますが、

社会主義…国が主体になり(大きな政府)、儲けた人からの税金をたくさんとり、貧しい人に分けるといった思想です。

共産主義…儲けは均等にし消費状態にも差をつけないといった思想です。

ちなみに資本主義は、個人が主体(小さな政府)、個人の利益を追求するといった思想です。


資本主義での仕事のあり方

仕事のあり方なのですが、資本を持っている方は起業したり会社を立ち上げ仕事ができます。

しかしながらどうでしょう?
世の中お金持ちの方が少なく、とてもじゃないが事業を始める資本などない!といった方が多いのではないでしょうか?

つまり、資本を持っている人の下で働きますよね。(バイト、パート、正社員など)

つまり資本主義では資本があれば自身で立ち上げることが出来るが、資本がないと雇用されるわけです。

ちなみに雇い主の指示に従い働くことで賃金を得る、こういったことを「資本主義的雇用」という言い方をします。

資本の有無

資本主義的雇用は負け組なのか?

しかし現代社会には資金調達というものがある、それはクラウドファンディングだったり、補助金だったりと手段はいくつかあります。

さらに低資本での勝負が可能な時代です。
SNS、ネットの無料のサービスなんかでもマネタイズの手段や可能性は溢れています。

自分の作品や、情報が価値提供可能なレベルまで昇華するのは簡単なことではありませんが、現代では誰もが資本主義的雇用から抜け出せる可能性はあるということです。

それと、資本主義的雇用が悪いのではなくAI、人工知能の発展により時代にそぐわなくなってきたのではないかと思います。
今後は機械のおかげで失業も増えてくると思います。しかし、その中で会社に必要とされる存在というのは優秀な人であり負け組ではないと思います。

 

資本主義でのお金と消費

そして資本主義では個人の利益を追求とありましたが、これを理解していればお金をどこに使わないといけないかが分かってくるはずです。

お金は「適当に遊ぶと消えて」、「投資をすると増える可能性」があります。

消費と絡めてみると分かり安いのかなと思います。

日常で広告を見る機会が多いと思います。他にも都度課金型のゲームなどもそうなのですが、広告で見たものを買う(類似商品と吟味や見定めをしない)だったり、アプリゲームに躊躇なく課金する、こういった人は資本主義の餌食です。適当に使うと消える一方。

逆に自身の収入や必要性を考慮した選択をできることが賢明です。良く調べたり、買う前に一度考えることが大事です。そして今後の自分の役に立つ投資(勉強や学び、使っているものの性能を1グレード上げる、株など)をいかにできるかが資本主義での生き方に影響するでしょう。

資本主義ではお金を使うべき方向が分かりやすくて個人的には好きです。

資本主義のお金と消費

ベーシックインカム

将来的に雇用はどんどんなくなっていくと思います。
その中で職に就けなかった人たちは食べていく手段を失っていくことが考えられます。

そんな中見殺しにするわけにもいかないので、救済の手段としてBIはありなのではと思います。

その際は生活最低限でよいと思います。7万ほどあれば毎月の生活は可能です。

BIという社会主義的要素がある中での資本主義ということは最低保証がある中での資本主義です。
つまり、利益を追求するチャンスは常にあるということです。
毎月のお金をいかに有用に使えるかで人生が変わりそうですね。

終わりに

資本主義は競争の社会であって、この中で生きるのはなかなか辛いと感じる方がいるかもしれません。
しかし、すでにそう準備されてきたところに生まれてきたのだからそこを嘆いても仕方ないとおもいます。

もし、本当に嫌なら同志を集めるなり、そういった情報発信をすべきだと思います。
誰かがやってくれると思っていてはきっと誰もしませんよ?

まぁしかし、世の中自分の思う通りには全然動かないので流れに乗りつつ何ができるのか考えてやってみるそのくらい気楽に何事もやってみればよいのではないでしょうか?

↓各種リンクです↓

ニコニコ動画でコミュニティを作ってますので良ければそちらも
「ベーシックインカム環境下での生活を実践してみる生活」

SBI(セルフベーシックインカム)活動記

トップページ

 

プロフィール
某の名はキクタと申す。
月7万円以内でどの程度の生活ができるのか実験中です。
大分県大分市という田舎でまったり生きています。
プロフィール

カテゴリー: キクタのこと

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA