こんにちはキクタです。

今回はセブンイレブンの店長の立場から書いてみようと思います。

まず今読んでいる人は「?」と思うかもしれません。
うん、そうですよね(笑)

「?」

という感じだと思います。

ですが、今回はこの従業員をファーストネームで呼ぶ試みについての持論を語ってみようと思います。

そもそもファーストネームとは?

そもそもファーストネームとは何なのか?

というところを定義しましょう。

ここでは名前を指します。某の「菊田敬大」なら

「菊田」…名字

「敬大」…名前

ということになります。

つまり、ファーストネームは「敬大」です。

一般的には名字で呼ぶことが多いと思うのですが、あえて名前で読んでみようと言うのが今回の試みです。

 

皆自身の名前を大事に思っている

ところであなたは自分の名前をどう思っていますか?

「別になんとも…」「何も思っていない」

といった声が聞こえてきそうなものですが、そんな声とはうらはらに大事にしているんだと感じます。

例えをいくつか上げてみましょう。

マイナンバーの際に「名前でなく番号だなんて…、そんなの嫌だわ」という人がいます。
他にも、自分の名前を書き間違えられるといい気分がしない人も多いですよね。
読みが少し違うことで、反応しない(自分かな?と疑わない)人もいます。
自分の名前の意味を知っていたり考えている人も意外に多いです。

自分の名前はみんなにとって「当たり前だけど特別なモノ」な確率が高いんじゃないかと思いました。

ですので、親しみと敬意を込めてファーストネームで読んでみようと思います。

 

とはいっても恥ずかしい

とはいっても昨日まで
「菊田さん」

と読んでいた相手を翌日からいきなり
「敬大さん」

と呼ぶのはハードルが高いですね(笑)

ただ、考えてほしい、そもそも名字で呼ぶのも、
「距離感が遠いから」
「まだ仲良くなってないから」
「相手を信頼できないから」

そんなもんではないでしょうか?

もし、あなたがファーストネームで呼ぶならそれは、
「自分から相手を信頼する」という覚悟があるのではないかと某は思います。

もちろんなれないことなので、恥ずかしさはありますが、自分にとって当たり前にできればそれが普通になります。
いっときの恥は捨ててみようと思います。

ファーストネームで呼ぶには勇気がいる

相手もファーストネームで呼ぶのにはおそらくなれていないはず。

この行為はお互いにとってなかなかフレッシュなことだとおもいます。
しかもそれを自身が率先してするのだから、必要な勇気と言ったらこれはもう重大でしょう。

それでも、各個人が自分の名前は特別なものと捉えていると思うので某はファーストネームでみんなを呼んでいきたいと思います。

P.S.

2020.4.9 現在はまだ従業員皆さんを名字で読んでいます。これからはファーストネーム(名前)で呼んで行きます。

 

2020.8.11 現在ではファーストネームで呼ぶのはやめました。
あまりにも自分にとって馴染みがなさすぎて大変です(笑)

 

今回影響受けた本

人を動かす 新装版 (日本語) 単行本 – 1999/10/31

 


☝Amazonにて販売!紙の本はかなり割高だからおすすめしません!電子書籍で是非ゲット!

ラインに登録すると「俺を動かす」が無料で読める!
ラインオフィシャルはこちら

キクタとは?

某の名はキクタ。
コンビニ店長として大分県大分市日岡3丁目店のセブンイレブンにて活動中!略してコンカツ!

経歴としては
✕競艇選手→✕バンド(ドラム)→✕作曲→〇店長
といった具合で挑戦したいことに素直に挑戦しながら生きて来ました!いやー人生ちょー楽しんでます。

普段は偶像活動!の「星宮いちご」ちゃんを崇拝しています。フフッヒ!
好きな芸能人はフレディ・マーキュリー
プロフィール


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA