無気力な自分におさらばしたい時に役立つUSB,メモリーを開放せよ!

こんにちはキクタです。

今回は無気力状態、やる気が出ない、こんな状態に対してかなり解決できたという話です。

やることを詰めすぎて1日休みの日をうまく使えなかったり、せっかくの休日を不毛に過ごしてしまったと後悔がそこそこある人にサジェストしたい記事です。

私の実体験から効果的と思えているので今回紹介するわけですが、恥ずかしながらなんの気力もわかずに1日中家にこもり、1歩も出ることなく1日を過ごすことがあります。

よいんですよ!別に!
1日中家にいて過ごす事自体はなにも悪くないんですよ!

ただ、あとからくるんですよね。
…、なんかこう、1日無駄にしたって。
この気持があとから沸き上がってくるようならおそらく別のことをしていたほうがまだ良かったと思うんですよね。

1日中家で寝て過ごすと、ウツみたいになります。なんか頭は痛いし、寝ても寝たりないし、お腹は減ってるけど買いに行ってまで食べようとは思えないし…みたいな。

こんな場合の1日中家はマジで良くないよなーと思います。

逆に良いときは1日中家にいても、モンハン進んだなーとか、しっかり寝れたし明日から頑張ろみたいなポジティブな思いで1日を終えられます。

ではあなた!
いったいこの差は何なのでしょうか?

なぜ同じ1日中家にこもる場合でもこんなに差が出るのでしょうか?
一体何ができれば良い1日にできるのでしょうか?

私は2つ仮説をたてて見ました。

ー仮説ー

  1. そもそも1日中寝てしまうのは普段の睡眠の質が低いから
  2. 冷静に判断ができないのは頭の中がごちゃごちゃしているから

ーーーー

この仮説に基づいてタイトルにある

「USB,メモリー開放」

に繋がります。

ここからは実際に取り組んだこと狙い、得られた効果などを書いていこうと思います。

 

そもそもUSB,メモリー開放とは?

USBとかメモリーとか言われると、パソコンとかスマホつなげるケーブルだったり、フラッシュメモリだったりそんな感じのものを思い浮かべると思いますがここで言いたいのは全然関係ないです(笑)

↑USBフラッシュメモリはこんなやつ。

U,S,B がそれぞれ頭文字になっています。

U=運動
S=睡眠
B=ぼーっとする(脳のメモリー開放)

なんてこった、英語ではなくローマ字じゃないか(笑)

それぞれの目的と具体的な行動

USBがなんのことはわかっていただけたと思うので、目的と何をしたかを一緒に見ていきましょう!

U(運動)の目的

 

※現在編集中


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA